賃貸物件への引っ越し準備の際の心得

賃貸物件への引っ越し準備の際の心得

このエントリーをはてなブックマークに追加

著者は子供のころから父の仕事の関係で転勤することも多く、引っ越しにも天候にも慣れています。結婚してからもたびたび引っ越しを経験してきました。今回は引っ越しの際の荷造りのポイントと引っ越し準備に必要なものを手短に述べたいと思います。

引っ越しの際まず考慮すべきことは、今住んでいる家と引っ越す先の家の間取りや大きさを比較することです。著者が最近経験した引っ越しは2LDKから3LDKの賃貸物件への引っ越しでした。少し大き目の部屋への引っ越しだったので問題ありませんでしたが、もし小さ目のところに引っ越すならば荷物をこれを機に整理して捨てられるものを処分する必要があります。荷物は季節ものから段ボールに詰めると楽です。ギリギリまでその家で生活しなければならないので、生活必需品は最後まで片づけられません。そんな時はどこから手を付けていいのか迷ってしまいます。著者はそんな時、今の季節と逆の季節に使うものから片づけていきます。もし今が夏ならば、春冬ものの服、ブーツ、鍋のセットや羽毛布団、冬タイヤやこたつづくえ、ウィンタースポーツの道具などです。当分着ないであろうフォーマルな服や着物も含めることもできます。少し片付いて、部屋に隙間ができると、自分の気持ちにも余裕ができ、つぎに何にとりかかるべきか見つけやすくなります。

関連ページ

Copyright (C)2014賃貸物件への引っ越し準備の際の心得.All rights reserved.